指輪について

プロポーズリングとは?

プロポーズリングをご存知ですか?
プロポーズリングは名前の通りプロポーズの時に渡す指輪のことです。
IMG_5928
最近の女性は指輪のケースをパカッと開けて「結婚してください!」というサプライズでプロポーズに憧れるけど…
婚約指輪(エンゲージリング)はデザインをしっかり選びたいと思っている方が多いそうです。

そんな女性の気持ちをに合わせてプロポーズには普段使いできる指輪を
正式な婚約指輪(エンゲージリング)は二人で選びに行くという方が増えているんですよ!!

シンプルリング

 

 

棒状の材料から作った指輪に石枠(石を留めるための台座)を溶接して、
相手の誕生石を留めればおしゃれなプロポーズリングの完成です。

 

 

 

 

土台の指輪のご制作していただき、石を留める作業は職人が丁寧に作業いたします。
手作りと聞いたらお相手の方がびっくりするかもしれませんよ!

後日サイズ直しもできるので安心です。(別途料金)

内側に印字をすることもできるのでイニシャルやメッセージを入れてもいいですね。

12月初旬のご制作でクリスマスに間に合います!!
お急ぎ納期も対応していますのでお気軽にご相談くださいませ。

もちろん婚約指輪(エンゲージリング)のご制作もお待ちしております。

女性の憧れ・ダイヤモンド

彼がパカッとケースの蓋を開けてそこにダイヤの輝く婚約指輪が入っていたら…

婚約指輪はいつの時代でも女性の憧れですね!

 

その指輪のメインに使われているダイヤモンドについて意外と知らない人も多いのではないでしょうか?

 

無色透明な最高の輝きをもつダイヤモンドの石言葉は「永遠の絆、純潔」

純粋無垢な輝きを持つダイヤモンドはブライダルジュエリーに最も用いられる宝石です。

実は鉛筆と同じ炭素原子からできている宝石なんですよ!
高温と高圧によって地中にできる鉱石です。

 

ダイヤモンドという名前は、ギリシャ語の「屈しない」という言葉が語源と言われ、その透明度と輝くきらめきが名前の通り、いつの時代も揺るがない美しさを持っています。

 

強い想いと決意を表すことからダイヤモンドを婚約の証である指輪として中世のヨーロッパから始まったといわれていますね。

 

ダイヤモンドは屈折率が高く、内部でのキラキラとした反射が起こりやすい石です。

婚約指輪によく使われる形のラウンドブリリアントカットはそのダイヤモンドの輝きをより反射させるカットです。

 

ダイヤモンドの価値はカラット・クラリティ・カラー・カットの4Cと呼ばれる評価から決まります。


 

1CARAT カラット

カラットとは大きさと思われがちですが、宝石の重量を表わす単位です。1ct は 0.2g に相当します。

最近では0.3ct~0.5ctくらいのものが華奢なデザインの指輪によく使われますね。

 

2.CLARITY クラリティ

クラリティとは透明度のことで、ほとんどのダイヤモンドが内包物(インクルージョン)を含んでおり、透明度が高いほど希少で価値が高いとされています。

 

一般的にSI-1以上であれば肉眼ではほぼ目視できないと言われています。

 

3COLOUR カラー

ほとんどのダイヤモンドが透明に見えますが、実際にはすべてのダイヤモンドにごくごく僅かな色がついています。婚約指輪では無色であるD・E・Fに等級分けされたものがよく使われます。

 

4CUT カット

カットとはダイヤモンドの対称性・仕上げの総合を5段階で評価します。

原石の状態ではキラキラを輝かず人の手によって加工されてダイヤはより価値を高められます。

巧みにカットされたダイヤモンドはきらめいた光を放ち、最高の美しさで輝きます。

 


4Cによって評価されますが、

カラットが大きいから素敵なエンゲージリングなのではなく、全体のバランスや輝きの良さなども大切なデザインとなります。

 

グレードの良さからダイヤモンドを選ぶだけでなく、カラット数が誕生日や記念日の数字を選ぶ方もいますよ!

 

ご自身の目で見てお相手の女性に贈りたいものを選ぶことがおすすめです。

雪の結晶を刻印したペアリング

本日の京都はここ最近で一番寒いです☃

日が暮れるともっと寒くなりそうですね…

 

寺社仏閣巡りを予定していたけど、寒い・・・

そんな寒い日や天気の良くない日のお出かけに1日手作り体験がおすすめです!

 

混みあっていない場合は、当日予約も承っております。

当日予約の場合は、お電話でお問合せください~

土曜・日曜日などは満席の場合もございますので、ご了承くださいませ

 

3時間ほどでシンプルなシルバーリングが出来上がりますよー🎶

 

完成したら、その他石入れなどがなければ、

その場で印字をしてお持ち帰りできます。

IMG_76711jpg

文字のほかに写真のような雪の結晶の刻印を入れることもできます❄

800円の基本料に1つ150円で入れられます。

 

文字と合わせてもおしゃれな雰囲気のリングが完成しそうですね!

 

ご希望の方はスタッフまでお声かけくださいませ~

雪の結晶の刻印は3月20日までの期間限定!

金槌で叩いて模様を入れる

IMG_6231彫金で使うハンマーには種類があります。

金属を叩いて伸ばしたり、均したり、

模様を彫る鏨を打つための金槌など

金属を加工するのに必要不可欠な道具です。

 

工房で作れる槌目リングは金槌で叩いて模様を入れていきます。

表面を鏡面に磨き上げた金鎚で叩くことによって

きらきらとした多面的な模様を作り出します。

IMG_6233

叩き方によって

大きな模様が出たり、

小さな模様が出たり、

同じ種類の金槌を使っても力加減などによって

個性ある模様になります。

 

金槌をわざと荒らしたものを使って、ざらざらとしたマットな石目模様なども入れることができます。

IMG_6242

自分で叩いて模様を入れるので、

どんな模様ができるかは、完成してからのお楽しみです。

 

ペアリングなら、お互いの模様を入れあってもいいですね~✨

婚約指輪・結婚指輪の制作時期

婚約指輪・結婚指輪を準備するタイミングを逃して、

うっかりぎりぎりになってしまう方も多いそうです。

 

どんなデザインにするか迷っていつの間にかぎりぎりになってしまったり…

結婚指輪はお二人の予定がなかなか合わなくて…

 

 

早めの準備に越した事はないですが、

指輪をいつ頃準備すれば、いいかなかなかわかりません…

って方が意外と多いのではないのでしょうか?

 

婚約指輪はプロポーズの時期や結納などの日付に合わせて半年~1ヶ月前くらいに準備・購入する方が多いそうです。

フルオーダーや受注生産の婚約指輪の場合、制作に時間がかかることも・・・・

 

結婚指輪は3ヶ月~1ヶ月前くらいまでに準備する方が多いそうです。

婚約指輪と同じくオーダーや受注生産の結婚指輪の場合は制作に時間がかかります。

 

必要な時期の1ヶ月前にはご用意していたら安心ですね!!

 

指輪のデザインや予算、既製品かオーダーか、自分たちで制作するか

などなど決めることが多いので、

1年以上いろんな店舗を巡って決めるという方も少なくありません。

 

どちらも必要な時期の3ヶ月前までに

なんとなくのデザインや予算などが決まっていたら、

焦ることも少なくて済みそうですね!!!

 

長く身に着けるものなので、余裕をもってご用意ください~

 

早いことに越したことはありませんが、

1年以上前に用意してプロポーズまで結婚式まで指輪を着けないという場合は、

体型が変わって、指輪のサイズが合わなくなることもありますので、ご注意くださいね。

 

ついぶ京都工房の婚約指輪は最短で1ヶ月くらい

結婚指輪は、シンプルコースで石留などのオプションがなければ、当日にお持ちかえりいただけますので、参考にしてみてください。

シンプルなリングに誕生石を入れて

誕生石を入れたシンプルなリング

誕生石を入れたシンプルなシルバーリング

1月の誕生石のガーネットと8月の誕生石のペリドットを皿留したシルバーリングです。

ペリッドットの色合いに合わせてグリーンガーネットを選ばれました。

グリーンカラーが爽やかでおしゃれですね!!

 

シンプルな甲丸のリングに誕生石が輝きます✨

 

誕生石は内側にも入れることができるので…

女性は表で輝かせて

男性は内側に隠して

というカップルやご夫婦もいらっしゃいます。

 

お互いの誕生石を交換して入れることで

離れていても一緒にいるようなリングも作れます。

ミル打ちのリング


ミル打ちリング

ミル打ちのリング

 

工房で作ったリングにオプションでミル打ちを入れることができます。

 

ミル打ちとは、ミルグレインとも呼ばれ、ヨーロッパなどで古くから伝わる装飾技術の一つです。

指輪の両サイドなどに小さな丸い粒を連続して打刻して模様を付けていきます。

 

ミル打ちには「千の粒」とういう意味があり、「千」は縁起の良い「子宝」「永遠」「長寿」などの意味があり、単なる装飾だけでなく縁起の良い模様としても入れられます。

 

ミル打ちを入れたリングは、印象がクラシカルで上品になって、

小さな輝きが増えてシンプルであまり装飾のない婚約指輪・結婚指輪に、ミル打ちアレンジを行うだけでも随分印象が変わりますよ!!

 

ゴールド系にお入れするとよりアンティークな雰囲気が出そうですね(^^♪

 

女性のほうはセンターラインに石留と一緒にお入れしたり、

男性のほうは、センターに真っすぐなラインだけ入れたりしてもいいかもしれません♪

 

 

ミル打ちは小さな丸い粒を当工房の職人がひとつひとつ丁寧に打ってお作りします。

大体10日~2週間のお預かりで出来ますので、ぜひご相談くださいね!

 

手作りエンゲージリング

エンゲージリング

婚約指輪の定番は、立て爪に大粒のダイヤモンド一粒ですが、、、

最近では、日常的にも使えたり、ちょっとしたお出かけの時に着けることのできるデザインもあり、素敵ですよね!

 

あまり立て爪を高くしないで、肌にもなじみやすく、お洋服などにも引っかからないようなデザインも多くあるようです。

 

ついぶ京都工房では、

腕をうねらせてダイヤを包み込むようにセッティングするデザインや

メインのダイヤモンドに誕生石を添えて寄り添うようなデザインなどなどが

シンプルで使いやすいけどおしゃれなデザインとして人気です!

 

 

素材の部分は一般的にはプラチナが多いですが、

可愛らしい彼女さんには相手の雰囲気に合わせて地金の種類を変えて、

ピンクゴールドやホワイトゴールドにしてもいいですね!!

 

今まで作られたお客様も彼女さんの喜ぶ姿を想像しながら、

皆様真剣に作られていました。

 

エンゲージリングは制作に1ヶ月ほどかかります。

誕生日や記念日などに合わせて贈る予定の方は、余裕をもってお越しくださいね!

 

 

お見積りは無料なので、どうしようかなと迷われている方は

メールでも電話でも相談したいとお気軽にご予約ください。

貴金属のアクセサリーのお手入れ

貴金属のアクセサリーのお手入れ

 

ご来店になるお客様によく聞かれるお手入れの方法

「作った指輪のお手入れってどうすればいいですか?」

 

メッキの加工の有無や石の有無によって異なってきます。

 

今回はメッキ加工も石もないシンプルなアクセサリーのお手入れについて書きます!

 

貴金属のアクセサリーは毎日着けていますと、

汗などの水分や空気に触れて変色していきます。

 

特に指輪は手にはめていますので、水分の影響を受けやすいです。

 

また、ゴールドやプラチナは比較的に安定していて、変色などがしにくいですが、

シルバーはすぐに変色などしやすいです。

 

まずは、日々のお手入れとして、汗など水分が付着したら柔らかい布やコットン(綿)などでふき取るだけでも、きれいな状態が長持ちしますよ!

 

輝きが少なくなってきたなぁと感じましたら、市販で販売しているシルバー磨きシートといったような布タイプの商品が便利です♪

 

シルバーポリッシュシートや磨き布など様々な商品名で出されているので、探してみてくださいね!

 

シルバーと書いてあるものもゴールドやプラチナにも使えることがあるみたいです。

 

メッキ加工のアクセサリーはメッキがはがれてしまいますので、注意してください!!

しっかり説明書を読んで使ってくださいね~

 

ついぶ京都工房でも販売しているので気になる方いらっしゃいましたら、

スタッフにお声かけください。