指輪をつくるということ


先日 中学生が職業体験に工房に来ていました。
体験の一環としてリング作りもやってもらったのですが、
丁寧に1本の指輪を作るという作業はとても興味深かったようでした。
最後には削って整えた表面が “光りだす” のですから すごいですよね。
作った達成感もありますし。
サイズを調整したから自分の指にしっくりくるのも嬉しいですね。
内側に自分の決めた文字を入れると特別な指輪となって それは
何か 決意の表れ のような気もします。
人生の節目となるご結婚に際して 結婚指輪や婚約指輪を手作りされるのは
そんな気持ちを表現するためかもしれません。
中学生の彼らがいつか大人になった時に
また指輪を作って 人生を深めていって欲しいなと思います。