ブログ

2020.07.27

指輪の幅と印象

普段指輪を身に着ける際、デザインはしっかり選んでも、あまり幅を意識せずチョイスする方も多いのではないでしょうか? 実は幅によって身に着けた際の手元の雰囲気が大きく変わってくるため、指輪の幅はリングデザインと同じくらい印象を左右する大事なポイントなんですよ!

どの幅の指輪を着ければ印象はどう変わっていくのか、自分にはどの幅が似合うのか……おしゃれを楽しむ際に知っておくと、より一層指輪を楽しんでいただけるではないでしょうか。 自分のファッションにピッタリの指輪を着ければ自然と気分もあがっていきますね! 今回は太めの幅・細めの幅それぞれの指輪が与える効果と、ワンランク上のおしゃれを目指せる着けこなしのポイントについてご紹介していこうと思います。何気なく指輪を選んでいる方も、どんな指輪にするか迷っている方もぜひぜひご覧になってください。

—————-
*細め幅の指輪
幅が細めの指輪

大体1.5mm幅~3mm幅くらいまでは細めの指輪と言われることが多いです。 細めの幅の指輪は指に着けた時に指が見える部分が広いため、指を長く、手元のスマートさを演出してくれます。手が小さい方や指を長く見せたい方におすすめです。 また、肌に当たる面積が少なく、指通りも優しめなので指輪を着けたことが無い方、普段指輪を着けない方にも着けやすいことが特徴です。 細身の指輪のつるりとした鏡面の甲丸・平打のタイプはシンプルながらも、きらりとさりげなく手元を彩ってくれます。普段着でもフォーマルウェアにも合うのでファッションを選ばず身に着けることができるのが嬉しい点です。ずっと肌身離さず着けていたい、そんな方にピッタリの指輪ではないでしょうか。 細い幅は重ね着けも楽しみやすいので、違う素材や違うタイプで着けて遊べますよ! 幅が細いのでお値段が安いのも魅力の一つですね!

*太め幅の指輪
幅広めの指輪

大体4mm以上の幅は幅が広い太めの指輪になります。 幅が広い指輪はしっかりとした存在感があるので、指を細く見せる効果があります。 ひとつ身につけるだけでも、手元に力強い印象を与えてくれるので、シンプルなコーデに1つ加えるだけで、こなれた雰囲気を出すことができますよ! しっかりとしたホールド感が特徴なので、特に男性の方や、大きめの手の方にぴったりです。普段指輪を着けない方が太めの指輪を着けると、少し窮屈に感じてしまうので、サイズ感には注意が必要です。 表面に模様を入れる鎚目・石目タイプは個性がより主張できるので、はっきりした雰囲気がお好きな方におすすめです。 シンプルになりがちな夏のファッションに幅広めのシルバーリングはかっこよく映えます。1本あるだけで存在感抜群なので、パきっとした色合いのコーディネートやざっくりとしたワンピースに合わせて身に着けてみてください。

—————-

ついぶ京都工房のシルバーリングコースでは、幅とデザインをサンプルを見ながらその場で選んで、自分で手作りしていただけます。 カップルでそれぞれお好きな全く別のデザインにされて、印字だけお揃いにするというペアリングはなかなか既製品では手に入らない楽しさがありますね! サイズがわからないという方も当日しっかり測っていただけますのでご安心ください。